• 無料相談のご予約はこちら
  • アコねえさんの日記

スタッフブログ

スタッフブログ

単身赴任の夫の浮気調査|お客さまの声

浮気調査アンケート2.gif

お客様の声
札幌市在住Aさま 夫の浮気調査
相談時から丁寧に対応いただき、調査中や調査後もひんぱんにメールでフォローをいただきました。
ありがとうございました。調査結果も納得の内容でした。

Aさまが夫の浮気調査をご依頼するまで
帯広に単身赴任の夫が「仕事が忙しい」との理由で、
休日である週末の土日でも札幌の自宅に帰宅する回数がどんどん減っていった。


Aさんが心配して電話をしてもLINEをしても返答なし。

それから数日後、夫からめちゃくちゃ長い内容のLINEが届き、

それはAさまに対する不平不満を並べ
小学生の作文のような書き方で一方的に完結した文章で終わっていた。


これに対して、Aさんがすぐに電話したけれど
何度かけてもでることはなくLINEの返信も既読にならずだったとのこと。

おかしな文章だったこともあり
もしかしたら仕事が辛くて参ってしまい、精神的に弱っているのかと心配に。

いろいろ自分で考えても答えはでないし、弁護士さんに相談してみることに。

夫からきた長文のLINEを弁護士さんに読んでもらうと

「これ、旦那さんが書いたの?大人が書く文章とは思えないくらい幼稚に感じますが」
「父親とは思えない発想で、子供のことを考えていないように感じます」

弁護士さんに言われ、困惑してしまったと。

そして弁護士さんからのご紹介で当社に訪れたAさん。

眠れていなないのではないか?
食事も摂れていないのではないか?

そう思えるくらい衰弱しているようにみえました。

お話を聴いていても

最初はAさんも自分で自分のことを責めて
「私が悪かったのかもしれない」と感じてショックを受けていました。


調査ご依頼となり、事実を知って一気に呆れてしまったようでした。

結局、夫は自分の好きなことをやりたくて自由でいたいことが分かりましたと。

子供の誕生日だった日も、音信不通。

その前後も、自分の趣味を優先して楽しんでいる様子だった。

Aさんは、旦那さんからきた例のLINEとこの事実で
すべてがつながり結局、自分以外の人が言うことはなにもかも
否定して自分の想い通りにしたかった人なんだと感じたようでした。

Aさんも少しずつではありますが
元気を取り戻し、前に進む決心もついたとのこと。

調査をしていなかったら、納得できなくて
まだ迷いもあったから答えがでなかったのかもしれません。と仰っていました。

報告時に感じたのは

すごく頑張りやのAさんですので
お仕事もこなし、育児もこなしている姿が素敵にみえました。

そして、Aさんの笑顔も増えて明るい表情だったのでホッとしました。

事実が分かったので、これからいろいろな話し合いもあるかと思います。

Aさんとお子様が優位になるよう応援しています。

頑張ってくださいね(*・∀<*)

dataFile.gif  他にもこんな記事があります
【札幌中央興信所・浮気調査専門サイトブログ】

『鉄則!浮気調査の結果報告書は最後の切り札として有効活用』
『迷う!悩む!不安...興信所・探偵事務所選び』 

札幌中央興信所のオフィシャルサイトブログを読んでいただきありがとうございます。
弊社は、札幌弁護士協同組合特約店に加盟している探偵事務所です。
個人のお客様をはじめ、弁護士業務をサポートする特約店として北海道・札幌市・近郊の浮気調査ほか各種調査をお受けしております。
このブログは、ご相談者様、ご依頼者様の「不安」や「お悩み」が「少しでも解消できたら」という札幌中央興信所のスタッフの想いが込められています。
内容は、浮気調査の事例、出来事、ご依頼者様の経験やお気持ち、そして私たちが調査を通して感じた事などです。

調査の内容や記事はご依頼者様からのご提供でありご了承を得ております。「秘密厳守」を徹底しておりますのでご安心ください。

---------------------------------------------------------------------------

証拠写真は自分を守るための『お守』いざという時の『武器』にもなります!!
言い訳でごまかされる前に…
お悩みをご一緒に解決していきませんか??

北海道の浮気調査なら探偵事務所『札幌中央興信所』
https://www.northlife.net

女性相談ダイヤル 0120-700-829【浮気調査のご相談】

突然、家出した夫の「浮気調査」をご依頼になったお客様の声

無題.gif

お客様の声
札幌市在住Y・Yさま 夫の浮気調査
担当の方が親身になってくれて不安も軽減し、途中経過もこまめに連絡してくれてお願いして本当によかったです。
アフターフォローもこころよく受け入れてくれ、今後も相談させていただきたく思っています。
真実を知ることができ満足です。熱心に調査していただきありがとうございました。

Y・Yさまが夫の浮気調査をご依頼するまでの経緯~結果
突然、夫から「離婚してほしい」「別居したい」と言われ、離婚なんて考えてなかったY・Yさまは驚き、数日間悩んだそうです。
そして離婚を拒み話し合いをすると、夫は「離婚もしない、別居もしない」という方向で話はおさまった。

けれど家にずっといるときもあれば、無断外泊をして家に帰らない日も増え「やっぱ離婚はしないけどできれば別居したい」と言い出しY・Yさまは振り回されているようでものすごく困惑していました。


最初は「好きな人ができたから?浮気しているかも・・・」と不安になり、話し合いをして夫が離婚話を撤回した時には「あれ・・・?浮気じゃないのかも」と思っていたようです。

でも最終的には夫が一方的に家を出て別居となってしまった為、最初に思い浮かんだ"夫が浮気しているかも"という気持ちと、もう夫の機嫌に振り回されたくないという気持ちが強くなり、真実を知るために夫の浮気調査をご依頼されました。


~夫の浮気調査結果~
予想通り、Y・Yさまの夫は浮気をしていました。

調査初日、夫は仕事が終わったあと女性と合流し、スーパーに立ち寄り食材などを購入したのち一緒にアパートに入りました。


行動確認のみの調査であればここで終了となる場合もありますが

Y・Yさまは口の達者な夫に言い訳されないような証拠と、万が一離婚裁判となっても有効に使える証拠が欲しいとのご希望でしたのでその後も引き続き調査となりました。

夫はアパートを借りて独身女性と同棲生活を送っていたため、宿泊している様子、アパートに複数回出入りしている様子、夫が女性とデートしている様子をカメラにおさめました。

真実を知るまでY・Yさまは、「浮気なんてしてない!」という夫の言葉を信じそうになったり、悪夢にうなされて眠れなかったりしていたようでしたが、今では様子をみながらタイミングを見計らっていて、今後の対策を考えられるようになったようです。

dataFile.gif  他にもこんな記事があります
【札幌中央興信所・浮気調査専門サイトブログ】

『鉄則!浮気調査の結果報告書は最後の切り札として有効活用』
『迷う!悩む!不安...興信所・探偵事務所選び』 

札幌中央興信所のオフィシャルサイトブログを読んでいただきありがとうございます。
弊社は、札幌弁護士協同組合特約店に加盟している探偵事務所です。
個人のお客様をはじめ、弁護士業務をサポートする特約店として北海道・札幌市・近郊の浮気調査ほか各種調査をお受けしております。
このブログは、ご相談者様、ご依頼者様の「不安」や「お悩み」が「少しでも解消できたら」という札幌中央興信所のスタッフの想いが込められています。
内容は、浮気調査の事例、出来事、ご依頼者様の経験やお気持ち、そして私たちが調査を通して感じた事などです。

調査の内容や記事はご依頼者様からのご提供でありご了承を得ております。「秘密厳守」を徹底しておりますのでご安心ください。

---------------------------------------------------------------------------

証拠写真は自分を守るための『お守』いざという時の『武器』にもなります!!
言い訳でごまかされる前に…
お悩みをご一緒に解決していきませんか??

北海道の浮気調査なら探偵事務所『札幌中央興信所』
https://www.northlife.net

女性相談ダイヤル 0120-700-829【浮気調査のご相談】

妻の浮気発覚!!キッカケは...こどものSOS。

妻の浮気は何がキッカケで発覚しましたか?

夫が妻の浮気に気づくキッカケといえば

・夫に子どもを預け頻繁に外出が増えた

・見たことのない派手な下着が増えていた

・スマホを肌身離さず持つようになった

など不審な言動が目立つようになった時ですね。

これは分かりやすいのですが、気づくまでに時間が経っているケースも多々あります。

・夫が家にいない日中に浮気相手と会っている場合

・下着も服装もいつもと変わらない場合など

妻が普段と変わらない様子だとそうそう見抜けるものではありませんね。

けれどそんな状況でも"妻が浮気しているかも"

それを見抜き、妻の浮気調査をご依頼される方もおります。

どうやって妻の浮気を見抜いたか?

それはすごく酷なお話なので、ご依頼者さまも言葉に詰まりながら怒りに震えた様子で経緯を教えて下さった。

キッカケは『子どもの小さなSOS』だったようです。

子どもの声にならない小さなSOS

子どもはパパもママも大好きなので仲良くしていることに幸せを感じています。

なので両親のどちらかの良くない話や、片方の悪口を子どもが耳にすると口には出せずに胸を痛めている。

パパとママが喧嘩するのは悲しいから我慢しているお子さまがたくさんいるのです。

そして子どもはパパやママが喧嘩して怒ったり、悲しんだりすると

「自分のせいかもしれない」そう感じるお子さまもいて

もしママに「パパには内緒、誰にもいったらダメ」だと言われたなら約束を守ろうと思ってしまいます。

でも、子どもは小さいながらにもこんな不信感を抱いている

「何かいけないことかもしれない」

「なんだか分らないけど嫌な気分になる」

「パパが怒ることなんだよね」

「ママこれって良いことなの?」

こんなことが長く続き

自分を責める、不信感をもった子どもたちは

"声にならない小さなSOS"を出すようになり、表情や言動にすこしずつ現れてきます。

そこで父親は子どもの異変に気づき、子ども自身の悩みではないことを知るのです。

ご依頼者さまが気づいた子どものSOSは、お子さまのによって様々なパターンがあります。

● 子どものSOSパターン①

ご依頼者Aさんのお子さまは中学生と小学生の男の子3人、妻は専業主婦。

ある日Aさんは、仕事がいつもより早く終わったので昼頃に帰宅。

その時期は春休みだったので子どもたちが自宅にいたが、妻は居なかった。

Aさんが「ママは買い物??」と子どもに聞くと

子どもたちが「...知らない」

Aさんが「お昼ご飯ママが作ってくれてたの?食べたの?」

子ども「朝からいないから作ってないし...」

子ども「いつものことだし...カップラーメン食べたから大丈夫」

むくれた顔で話す長男に対し、「それ言っていいの?」と心配そうに見つめる弟たち。

下の子は今にも泣き出しそうな雰囲気だったようです。

妻が朝から出かけていること、それがいつものこと??で衝撃を受けた。

携帯電話にかけても、メールをしても音信不通

ソワソワしているAさんに下の子がポツリと

「...でもいつも夕飯まえにはママ帰ってきてくれるよ...」

「カップラーメンは飽きたけど、お腹いっぱいになるから大丈夫だよパパ」

必死に笑顔をつくろうとしていること、Aさんを安心させようとする様子が伝わってきたとのこと。

その後、妻が帰宅しても何かを察しているのか、口止めされているのか

「どこに行っていたの?」とは聞かない子どもたちの雰囲気までも普通ではなっかたようです。

Aさんは、子どもたちのこの様子や表情から妻に対して不信感を抱くようになった。

● 子どものSOSパターン②

ご依頼者Bさんのお子さまは小学校に入学したばかりの女の子1人、妻はパート。

Bさんが帰宅すると、しょんぼりソファーに座っている子どもが見えた。

学校でいやなことでもあったのかな...?と思ったBさんは

「今日は学校楽しかった?学校で何かあったの?」と子どもに聞いた。

すると子どもは笑うこともなく

「学校は楽しかったよ...学校はね...」と口をつぐむ。

今まで楽しかったことを笑顔で話していた子どもが無表情。

しかも「学校はね...」ってという子どもの言葉にもBさんは不安になった。

悩みがあるなら聞き出したいと思っていたが

ママが子どもの名前を呼ぶだけで「なんでもないもん」と頑なになる。

妻に聞いても「知らないよ~なんにもないんじゃない?」と言うし...。

そんな状況が続き、子どもがしょんぼりしている姿が頻繁にみられ

ママに名前を呼ばれるたび子どもがビクッと反応していることに気づいたとのこと。

まさか妻が子どもに何かしている?

それなら助けてあげなくちゃいけないとBさんは感じた。

ママがそばに居なければ、子どもが本当の気持ちを話してくれるのではとも思えたので

Bさんは話を聞いてみようと、休日に子どもとでかけた。

Bさんが「最近〇〇(子どもの名前)さぁ~しょんぼりしている日が多いような気がするんだけど何か嫌なことがあった?それとも悲しいこと?」と子どもにきくと

子どもは下を向いて無言で首を横に振る

Bさん「それはもしかして...ママに怒られたから元気なくなちゃったのかな?」

子どもは激しく首を横に振って泣き出したそう。

そして子どもが泣きじゃくり

「ゥゥ...約束だから...誰にもいっちゃダメって。パパにいったら怒るから内緒なの」と。

なのでBさんは自分が怒らないこと、ママにもこのことは言わないことを子ども告げると

時間はかかったけれど子どもは泣きながらポツリポツリと話してくれた。

子どもが話してくれた内容は

「ママと一緒に男の人の家にいってね、お話するの。でもね...ママがあっちの部屋でお仕事大事な話をするからゲームしておとなしく待っててねっていうの。それでね...ママたちが来たらダメって部屋にカギをかけちゃうの...」

「パパがお仕事で家に帰ってこれないときあるでしょ...そのときもママもお仕事いっぱいで朝まで帰れないから〇〇ちゃんの家にお泊りしてねっていうの...でもね、お迎えにきてくれるのは夕方になるときもあるんだよ...」

聞いている途中で怒りの感情がこみ上げてきそうになることばかり。

Bさんは、子どもがしょんぼりしていたり、笑顔がなくなったりした理由が妻の身勝手な行動であったことに気づいた。

子どものSOSに気づいたあと父親として、夫として

子どものSOSの原因が妻の浮気疑惑では夫としてものすごくショックを受けてしまいますね。

父親としては子どものあんな様子を放っておけない...。

子どもたちは"浮気"という言葉や状況を知らなくても子どもなりに考えている。

ママがコソコソしていたり、慌てたりする様子をみると「なんかおかしいな」と気づくもの。

でも両親に喧嘩してほしくないと思っているので誰にも言えなくてずっと我慢していたのです。

この気持ちを考えると「子どもから聞いたんだけど」なんて妻にはとても言えない。

なのでAさん、Bさんは子どもたちから聞いたことを伏せるためにも

ご自身で妻の言動に不信感をもったという理由で調査を依頼されました。

AさんもBさんもこう考えていました。

妻が浮気をやめるなら子どもたちに笑顔が戻るだろう。

妻が開き直って浮気をやめないなら、子どもを置いて離婚はできない。離婚するなら子供の親権をとりたい。

妻の浮気調査後、親権の準備

浮気調査の結果は悲しいことにどちらの妻も"クロ"

Aさんの妻はW不倫、Bさんの妻は独身男性と浮気でした。

ここで妻に問い詰めてしまうと相手に情報と時間を与えてしまうので

Aさん、Bさんとも↓この鉄則を守り、弁護士さんに相談

『鉄則!浮気調査の結果報告書は最後の切り札として有効活用』

父親が親権者となるためには"妻の浮気・不倫"の証拠だけではなく

ほかにも証拠をそろえたり、さまざまな条件が必要なようです。

実際に親権者になられたご依頼者さまが弁護士さんからお聴きしたお話の一例では

・母親がネグレクトと呼ばれている育児放棄がみられる

・母親が子どもを虐待している

・父親が子どもの養育環境を整えられる、協力者がいる

・子どもが父親と一緒に暮らしたいと思っている

などのようですが、何が必要かは弁護士さんと充分話し合って時間をかけてそろえておいた方が良いです。

弊社では、Aさん、Bさん以外にも親権者になれたご依頼者さま(父親)をみてきました。

ですので『親権はどうせ母親でしょ...』と思っている方、あきらめないでくださいね。

札幌中央興信所のオフィシャルサイトブログを読んでいただきありがとうございます。
弊社は、札幌弁護士協同組合特約店に加盟している探偵事務所です。
個人のお客様をはじめ、弁護士業務をサポートする特約店として北海道・札幌市・近郊の浮気調査ほか各種調査をお受けしております。
このブログは、ご相談者様、ご依頼者様の「不安」や「お悩み」が「少しでも解消できたら」という札幌中央興信所のスタッフの想いが込められています。
内容は、浮気調査の事例、出来事、ご依頼者様の経験やお気持ち、そして私たちが調査を通して感じた事などです。

調査の内容や記事はご依頼者様からのご提供でありご了承を得ております。「秘密厳守」を徹底しておりますのでご安心ください。

---------------------------------------------------------------------------

証拠写真は自分を守るための『お守』いざという時の『武器』にもなります!!
言い訳でごまかされる前に…
お悩みをご一緒に解決していきませんか??

北海道の浮気調査なら探偵事務所『札幌中央興信所』
https://www.northlife.net

女性相談ダイヤル 0120-700-829【浮気調査のご相談】

PAGETOP

札幌中央事務所

〒060-0052 札幌市中央区南2条東2丁目1
TEL:011-219-5540

札幌北事務所

〒001-0026 札幌市北区北26条西17丁目3
TEL:011-299-5059

白石事務所

〒003-0837 札幌市白石区北郷7条8丁目3
TEL:011-872-1010

江別事務所

〒069-0824 江別市東野幌本町34番地
TEL:011-384-0200