• 無料相談のご予約はこちら
  • アコねえさんの日記

スタッフブログ

スタッフブログ

「浮気に気づいたらこれからの為にできること」の記事 - スタッフブログ

今だから言える「夫の浮気」気づいた時やってはいけないこと。

「うちの夫、浮気してるかも...」と不安になっていませんか。

夫の浮気に気づいたら放っておくなんてできないですよね。

インターネットの情報から浮気に関する「やるべきこと」を調べる方が多いと思いますが、その情報だけではなく「やってはいけないこと」も知っておくと、これから起こりうるダメージを防げるかもしれません。

そこで今回は、妻(ご依頼者さま)今だから言える話を元に「やってはいけないこと」でどのような影響があったかをお伝えします。

「やってはいけないこと」を知るには、あなたと同じく夫の浮気に悩んだ方の 体験談は真実味があり参考になります。

夫の浮気に気づいたとき、妻の感情は?

夫の浮気に気づいた瞬間、妻はパニックでどうしたらいいか判らなくなり感情が乱れてしまいます。

「どうしよう・・・」「ホントなの」と不安になったり、「いやでもやっぱりこれは浮気だよね」と確信を持ったりと常に気持ちは不安定な状態。

気持ちが不安定ながらも、前向きな女性が多く「なんとかしなくては」という感情が強くでてくるものです。

けれど夫は、のほほんとした顔で平然と過ごす、時に横柄な態度、さらには不審な言動をつづけている。

こうなると妻も我慢できなくなり、怒りの感情がモンモンとこみ上げ「浮気なんて許せない」突発的な行動をとってしまいます。

浮気している夫が威張っていたら我慢できなくなった・・・。

気づいてしまった以上、黙っていることができなかった・・・。

その怒りの行動の裏側には「浮気をやめてほしかった」「自白して反省してほしかった」「本当の気持ちを聞きたかった」「怖くなって聞かずにはいられなかった」こんな感情もあったから。

妻の怒り、不安、悲しみ、入り乱れた感情は痛いほどわかります。

しかし、この突発的な行動こそ「やってはいけないこと」だったのです。

突発的な行動=「やってはいけないこと」なぜ?

ではなぜ、突発的な行動が「やってはいけないこと」なのか?

理由は、感情的な思いつきで行動しても良い結果にならなかった「やってはいけないこと」だったと今でも後悔している妻(ご依頼者さま)が多いからです。

その時点でカッとなってなにも考えられなかったし、夫の態度にムカついて・・・つい突発的に行動をとったけれど、

「状況が悪化した」

「悩みが増えた」

「浮気の証拠さえなくなってしまった」など

とにかくやらなきゃよかったと後悔している妻(ご依頼者)の嘆きの声は多い。

突発的な行動が原因で、浮気問題を解決どころか難航させてしまうとすべてが中途半端な状態になってしまいます。

夫の浮気は終わらない、浮気相手の女性も判らない、妻は夫の浮気を証明できるものがないのでそれ以上話が進められない、こんな状態が長く続くのは辛いですね。

突発的な行動、その影響は

突発的な行動が原因で様々な影響がでてしまい、思いもよらない結果ばかり。

「今だから言える、やってはいけないことだった」と言えるのは経験した妻だからですね。

実際どんな影響がでたか「突発的な行動」4つのパターンでお伝えします。

①「浮気してるでしょ」と質問攻め

②「カマをかけ「白状させてみせるわ」と毎日尋問しつづけた

③「ムカつく」から「私、怒ってます」アピールする

④「待ちぶせしちゃう?」尾行する

①「浮気してるでしょ」と質問攻めにしたら


・夫が逆ギレ「浮気なんかしてない」と完全否定

・「メールの相手は女友達」と言い訳のオンパレード

・証拠隠滅されて浮気の証拠がなくなった

・「そんなに疑うなら離婚だ」と暴れだした

・相手の女性のことを聞いても答えなかった

・証拠を集めたかったのに何も残さなくなった

浮気している夫なら「なんで?」と質問返し。それに対して妻がメール、LINE、写真、レシートをみたと情報源や内容を言ってしまう。

これによって夫は情報源が解るのでメール、LINEのやりとりは消去、レシートは持ち帰らない、写真は偽装アプリでロック、とにかくバレないように証拠隠滅を徹底して警戒度MAX!今まであった隙さえなくなってしまいます。

冷酷な態度でいれば妻から話しかけてくることはない、妻が根をあげ「離婚しよう」といってくるのでは?「そうしたら浮気もバレずに逃げられる」と考えていたケースもありました。

②カマをかけ「白状させてみせるわ」と毎日尋問しつづけたら

・夫の帰宅がおそくなって余計不安になった

・夫がシカトして部屋にこもるようになった

・突然、夫が家出しちゃった

・逆に質問ぜめにあってほとんど情報がないことがバレた

少ない情報でカマをかけるのはキケンな行為。しかも毎日、探りをいれている雰囲気は夫にも伝わってしまいます。

夫はカマをかけられると平常心ではなく「浮気がバレるのでは・・・」とドキドキしているのは確か。だから顔をあわせない、話をしないように避けて過ごそうとしているのです。

浮気を白状させるどころか夫婦関係の修復さえ難しくなってしまいます。

③「ムカつく」から「私、怒ってます」アピールしたら

・夫の機嫌が悪くなり「こんなんじゃ離婚したほうがいいよね」といいだした

・「ずっと言おうと思ってたスキじゃないから一緒にいられない」といわれた

・逆にフルシカトされ、夫がもっと身勝手な行動をとるようになってしまった

・「おまえのせいで家に居場所がない」といって頻繁にでかけるようになった

夫は妻が怒っている理由がわからないと「もしかして浮気に気づいた?」「浮気がバレて責められる前に離婚しよう」と考え先手を打ってくることがあります。

「なんで怒ってるの?」と聞いても妻が答えなければ、夫は家に帰っても居心地が悪いし...「どうでもいいや」となげやりな行動にでます。

さらには妻を怒らせて本心を聞きだそうとしてくる夫までいるのです。

④「待ちぶせしちゃう?」尾行したら

・追ってる最中にバレて逃げられた

・待ちぶせしようと情報を聞きすぎて夫が警戒しだした

・尾行がバレて夫の動きがなくなってしまった

・浮気現場に遭遇したけれど写真は撮れなかった

ご自身で尾行や待ちぶせをしてしまうと、浮気相手の女性と会う前にバレて夫の警戒が強くなり浮気の証拠集めさえ難しくなる可能性があります。

「女と一緒にいたよね」証拠だってあると写真をみせて詰め寄った妻もいましたが、夫はこの程度の写真なら言い訳できると判断し「食事をしただけ」「送ってあげただけ」「体の関係はない」と否定して認めなかったなんてことも。

浮気の証拠は不貞行為(異性との肉体関係)であると立証、推認できる物証や写真が必要となります。

なのでもし、ご自身で夫が女性と一緒に食事している、車に乗っている写真が撮れたとしても不貞行為とは判断されないのです。

夫の浮気に気づいたら突発的に行動しないこと

夫の浮気に気づいても「やってはいけないこと」は、突発的な行動を控える。

・その場の勢いで質問攻めにしないこと。

・カマをかけて白状させようとしないこと。

・いきなり態度をかえないこと。

・自分ですべてを探ろうとしないこと。

浮気をしている本人もビクビクしながら過ごしているので、妻の反応が勢いまかせのイケイケでは夫も余計に隠そうとする本能が働いてしまいます。あなたが望んでいない方向であれば、悪影響がでたという行動は避けるべきです。

もしも、「もう...突発的な行動をとってしまった」という方、やりすぎていなければまだ間に合います。

しばらく控えめにして夫の様子を窺ってみることです。

解決したいのに夫に逃げられては、あなたが辛くなるだけです。今はグッと堪えてみてください。

話し合いをするならば、夫が言い逃れできないくらいの浮気の証拠を集めてから。

そして、浮気調査を後々お考えなら、夫を警戒させてから調査をするよりも夫が怪しい行動をしている時点のほうが証拠は掴みやすいですよ。

dataFile.gif  他にもこんな記事があります
【札幌中央興信所・浮気調査専門サイトブログ】

『夫の浮気調査での出来事』
『浮気の証拠は早めが肝心!ラブラブ不倫カップルだって喧嘩する』 

丸青丸・ 札幌中央興信所のオフィシャルサイトブログを読んでいただきありがとうございます。・○丸
弊社は、札幌弁護士協同組合特約店に加盟している探偵事務所です。
個人のお客様をはじめ、弁護士業務をサポートする特約店として北海道・札幌市・近郊の浮気調査ほか各種調査をお受けしております。
このブログは、ご相談者様、ご依頼者様の「不安」や「お悩み」が「少しでも解消できたら」という願いから
札幌中央興信所のスタッフ"あこ"コドモ:Gが書き続けているものです。
内容は、浮気調査の事例、出来事、ご依頼者様の経験やお気持ち、そして私たちが調査を通して感じた事などです。

調査の内容や記事はご依頼者様からのご提供でありご了承を得ております。「秘密厳守」を徹底しておりますのでご安心ください。

---------------------------------------------------------------------------

証拠写真は自分を守るための『お守』いざという時の『武器』にもなります!!
言い訳でごまかされる前に…
お悩みをご一緒に解決していきませんか??

北海道の浮気調査なら探偵事務所『札幌中央興信所』
https://www.northlife.net

女性相談ダイヤル 0120-700-829【浮気調査のご相談】

浮気の証拠集め。気づかないと危険な落とし穴。

『これって怪しくない、浮気?』

浮気の証拠になりそうなものをみつけたときあなたはどうしてますか。

せっせと浮気の証拠を集めている方、もしかしたら間違った集め方をしているかもしれません。

危うい証拠の集め方は、浮気している夫、妻にバレてしまうと警戒されたり証拠隠滅されたりします。

浮気している側にバレてしまって確たる証拠さえ掴めなくなるなんて悔しいですよね。

今回は危うい証拠収集についてお話します。

スマホロック解除、それって落とし穴かも。

浮気している夫、妻のスマホはロックがかかっていることが多いですよね。

ロックを解除しようとして落とし穴にハマった方が数名おりました...!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

あるご依頼者さまが、夫のスマホから浮気メールを発見。

山のように出るわ出るわラブメール

ご依頼者さまはメールから会っている日、時間帯を推測しようとしていました。

ところが夫のスマホにロックがかかっていた。

適当な番号をいれてみたけど開かない、そして2回目の番号をいれた瞬間!

パシャ・・・とスマホが光った

『今、私の写真撮られた?』そう感じたそうです。

dataFile.gif

不安になってインターネットで調べつくした結果


"スマホの盗み見の履歴や証拠写真を残せる"というアプリがあったのです。

パスワードを間違えると即座にスマホのカメラが起動し撮影するらしい。

何回目で撮影するかを設定できたり、撮影した写真を添付したメールを持ち主に送れたりする設定まで備えているアプリのようでした。

その後、案の定...夫から『コソコソ人のスマホみてんじゃねーよ!』とキレられたとのこと。

警戒はMAX。証拠は集められず。

しかも写真まで撮られたご依頼者さまはショックを受けていました。

いまや様々なアプリがあるので上記のようなアプリ他、閲覧時刻、ページが持ち主に解るものまであるようです。

証拠を集めようとしてスマホのロック解除は危険な行為!お気をつけください。

浮気の物的証拠没収!...これも危険

浮気の物的証拠になりそうなものとは、行ったことがない飲食店のレシート、ラブホテルのメンバーズカードやポイントカード

浮気相手からもらったと思われる直筆の手紙、浮気相手とのツーショット写真、見知らぬ鍵などなど。

これらのものから浮気相手が推測できたり、よく行く地域や利用するホテルが解ったりすることがありますね。

「これは浮気の証拠!」とカバンや財布から抜き取ってしまう方がいます。

物的証拠らしきものを没収したい気持ちは分かりますがとても危険な行為です。

なせならば、入れてあった場所からなくなれば浮気夫(妻)も勘付いてしまう恐れがあるから。

浮気夫(妻)に勘付かれるといい訳を考える時間を与えてしまいます。

例えばレシートに2名と記載があっても「友達と一緒に食事をしただけ、異性ではない」

ラブホテルのカードなら「職場の人に無理やり渡された」、「知人からもらったけど、何のカードか知らなかった」など。

そしてそれだけなら本当に夫(妻)が利用したものか、誰といたのかを証明できないので尚更。

証拠を残さなくなるともっと情報が欲しいと思っても手に入らなくなる可能性もあります。

物的証拠になりそうなものをみつけたら"没収"ではなく写真を撮って保存、"ブツ"はあった場所に元通り戻すのが得策です。

情報が次々に出てくるなら浮気夫(妻)が油断しているので核心にせまった証拠がでるかも知れないですよ。

浮気の証拠集め、情報収集には落とし穴がありますので

態度に出さないことと、長期間やりすぎないよう注意して下さいね。


 
   
dataFile.gif  他にもこんな記事があります
【札幌中央興信所・浮気調査専門サイトブログ】

『夫の浮気調査での出来事』
『浮気の証拠は早めが肝心!ラブラブ不倫カップルだって喧嘩する』 
 

札幌中央興信所のオフィシャルサイトブログを読んでいただきありがとうございます。
弊社は、札幌弁護士協同組合特約店に加盟している探偵事務所です。
個人のお客様をはじめ、弁護士業務をサポートする特約店として北海道・札幌市・近郊の浮気調査ほか各種調査をお受けしております。
このブログは、ご相談者様、ご依頼者様の「不安」や「お悩み」が「少しでも解消できたら」という願いから
札幌中央興信所のスタッフ"あこ"コドモ:Gが書き続けているものです。
内容は、浮気調査の事例、出来事、ご依頼者様の経験やお気持ち、そして私たちが調査を通して感じた事などです。

調査の内容や記事はご依頼者様からのご提供でありご了承を得ております。「秘密厳守」を徹底しておりますのでご安心ください。

---------------------------------------------------------------------------

証拠写真は自分を守るための『お守』いざという時の『武器』にもなります!!
言い訳でごまかされる前に…
お悩みをご一緒に解決していきませんか??

北海道の浮気調査なら探偵事務所『札幌中央興信所』
https://www.northlife.net

女性相談ダイヤル 0120-700-829【浮気調査のご相談】

浮気の証拠は早めが肝心!ラブラブ不倫カップルの喧嘩

不倫カップルがいつまでもラブラブだと思っていませんか。

不倫カップルは理性が抑えられない男女、時には喧嘩どころか大喧嘩になりかねません。

今回は、浮気調査中にあった不倫カップルの大喧嘩と浮気の証拠をおさえるタイミングについてお話します。

浮気の証拠おさえるなら長期間様子見はキケン!

情報を集めようとして浮気夫や浮気妻の様子を窺ってばかりでは、状況が変わってしまう恐れがあります。

様子を窺いすぎて月日が経つと、不倫カップルだって喧嘩はするし、心変わりもないとは限らない。

そうすると証拠をつかめなくなる可能性もあるのです。

夫(妻)が不倫していると気づいたとき

「どうしよう」「ホントに浮気かな」と悩んだり「もっと浮気の情報を集めよう」と意気込んだりして時間が経ってしまうものですよね。

その気持ちもすごくわかるので早く!と焦らせるのも心苦しくなります。

ですが、状況が変わらないうちがよいタイミングであり、不倫の証拠がおさえやすいのは事実です。

不倫の事実を知るべき?

不倫の事実を知ることは辛いけれど、解決するには事実を確かめることは大切です。

事実を知ると次にやるべきことが見え、判断もできるようになって前に進みやすくなります。

不倫をハッキリさせないと、何も分らないままなので心のモヤモヤが残ったり不安になったりで気持ちが落ち着かなくなるでしょう。

そればかりか頭の中でいろいろ妄想してしまうことで、精神的につらくなり体調を崩してしまうことだってあるのです。

「本当に不倫は終わった?」「相手は誰だったのだろう」「ウソをいっているかもしれない」

「知らないふりでも辛くない」と過ごせる人はほとんどいないのではないでしょうか。

知らない、見えない不安は大きくなりやすいもの。

不倫は事実を確認して早めに対処するべきです。

取っ組み合いの喧嘩になった不倫カップル

実際にあった夫の浮気調査でのこと。

浮気症の夫がまた不倫している。メールだけだといい逃れされるから」証拠がほしいと奥さんからのご依頼。

「すごいラブラブぶりなんです!先月もその前にも...」

奥さんは数ヶ月も情報をとりつづけた後だった。

奥さんの予想どおり、夫は不倫真っ最中。

ほぼ毎日、夫と不倫相手の女は密会。

夫は女の退勤時をめがけ車で会社まで迎えに行き、夕食をともにしていました。

ところが...いつもどおりに不倫相手宅まえに到着するも

夫と不倫女が車から降りてこない。

10分くらいが経って車体が揺れだし、車内ではげしく動く夫と不倫女の影。

イチャイチャしているのではなく暴れて叫んでいる声までする。

いら立った夫が運転席から降り、

助手席に乗っていた女をひきずりだしてビンタ!

すかさず女も夫に往復ビンタ!

夫は女をかかえ玄関先までつれていき、その場を去ってしまいました。

自宅に帰ってきた夫は、顔も腕も傷だらけだったとのこと。

夫と不倫相手の女、その後は?

あの日を境に、しばらく夫と不倫相手の女が密会することはありませんでした。

夫はずっと機嫌がわるくて、妻にまで喧嘩を仕掛けてくるようなり、妻からしてみると八つ当たりとしか思えない状況だったようです。

4ヶ月以上が経過後、夫が不倫女との仲がもどり証拠をおさえることに成功。

不倫の証拠はとれたので奥さんはホッとしていましたが内心

「このままもう2度と会わなかったら証拠がない...」

「私が情報を集めていたときに調査をやっていたらもっと早く証拠がとれていたのかも」と思っていたようです。

結局、不倫の証拠をとるまでに5ヶ月。

その間夫に喧嘩をしかけられるわ、いいたくてもいいえないわで相当辛かったとのことでした。

浮気の証拠は早めが肝心です。

夫や妻の不倫はながびかせないように対処してくださいね。

札幌中央興信所のオフィシャルサイトブログを読んでいただきありがとうございます。
弊社は、札幌弁護士協同組合特約店に加盟している探偵事務所です。
個人のお客様をはじめ、弁護士業務をサポートする特約店として北海道・札幌市・近郊の浮気調査ほか各種調査をお受けしております。
このブログは、ご相談者様、ご依頼者様の「不安」や「お悩み」が「少しでも解消できたら」という願いから
札幌中央興信所のスタッフ"あこ"コドモ:Gが書き続けているものです。
内容は、浮気調査の事例、出来事、ご依頼者様の経験やお気持ち、そして私たちが調査を通して感じた事などです。

調査の内容や記事はご依頼者様からのご提供でありご了承を得ております。「秘密厳守」を徹底しておりますのでご安心ください。

---------------------------------------------------------------------------

証拠写真は自分を守るための『お守』いざという時の『武器』にもなります!!
言い訳でごまかされる前に…
お悩みをご一緒に解決していきませんか??

北海道の浮気調査なら探偵事務所『札幌中央興信所』
https://www.northlife.net

女性相談ダイヤル 0120-700-829【浮気調査のご相談】

PAGETOP

札幌中央事務所

〒060-0052 札幌市中央区南2条東2丁目1
TEL:011-219-5540

札幌北事務所

〒001-0026 札幌市北区北26条西17丁目3
TEL:011-299-5059

白石事務所

〒003-0837 札幌市白石区北郷7条8丁目3
TEL:011-872-1010

江別事務所

〒069-0824 江別市東野幌本町34番地
TEL:011-384-0200