• お問い合わせ・ご相談
  • アコねえさんの日記

スタッフブログ

スタッフブログ

「探偵の浮気・不倫調査」の記事 - スタッフブログ

探偵に頼む浮気調査は誰のため?

旦那の浮気 妻の浮気に悩んでいませんか?

というより...

ここに辿りついて

このブログを観ているあなたは

もしかしたら

探偵に浮気調査を頼もうかどうしようか

迷っているのかもしれませんね。

弊社にご相談にくるご相談者さまは

旦那さんの浮気を知ってしまった奥さん

妻の浮気に気づき悩む夫

怒りが抑えられず興奮している方もいますし

辛さで憔悴している方もいます。

パートナーの浮気や不倫問題は

ものすごく辛く腹立たしいものです。

みなさまどんな感情であれ

解決したいというのが答えなのですが

探偵に浮気調査を依頼となると

お悩みになり迷う人が多いのです。

というのも、探偵の調査費用。

これで悩む人は多いです。

「旦那の浮気の証拠を撮って言い訳できないようにしたい」

「妻の浮気の証拠を集めて、浮気をやめさせたい」

そう思っているのに

探偵の調査費用は誰のためにかけるものかを

見失っているのです。

「浮気者のために、こんなにお金を使いたくない」

というご相談者さまは、悩みます、迷います。

ですが、そもそも

夫や妻の浮気調査を依探偵に頼するのは

浮気している人のため・・・ではなく

パートナーの浮気に悩む

浮気された側のためなのです。

浮気の証拠があれば

お守りにもなりますし、時に武器にもなるのです。

浮気をしている側からの離婚請求があっても

しっかりした浮気の証拠があれば回避できます。

あなたが離婚を考えた時

慰謝料請求のため、調停、裁判のため

浮気の証拠があれば事実を立証できるようになります。

となると、浮気をしている夫や妻のためでなく

自分自身、もしくはお子様のためだと思えるでしょう。

探偵の浮気調査は、あなたのためなのです。

このままでは、夫や妻の浮気は終わらないな

もう悩むのは辛いし、やめたいのでしたら

前に進むための一歩、踏み出してみてはいかがでしょうか。

札幌中央興信所のオフィシャルサイト探偵ブログを読んでいただきありがとうございます。
弊社は、札幌弁護士協同組合特約店に加盟している探偵事務所です。
個人のお客様をはじめ、弁護士業務をサポートする特約店として北海道・札幌市・近郊の浮気調査ほか各種調査をお受けしております。
このブログは、ご相談者様、ご依頼者様の「不安」や「お悩み」が「少しでも解消できたら」という札幌中央興信所のスタッフの想いが込められています。
内容は、浮気調査の事例、出来事、ご依頼者様の経験やお気持ち、そして探偵が調査を通して感じた事などです。

調査の内容や記事はご依頼者様からのご提供でありご了承を得ております。「秘密厳守」を徹底しておりますのでご安心ください。

---------------------------------------------------------------------------

証拠写真は自分を守るための『お守』いざという時の『武器』にもなります!!
言い訳でごまかされる前に…
お悩みをご一緒に解決していきませんか??

北海道の浮気調査なら探偵事務所『札幌中央興信所』

女性相談ダイヤル 0120-700-829【浮気調査のご相談】

浮気を隠すために夫がやっていた驚きの偽装工作。

春から夏にかけて過ごしやすい季節ですね。新しいことを始めるには最適な時期。

でも始まってほしくないのは浮気ですよね。

もしも夫の浮気が始まっているならショック、ましてやずっと隠し続けているなら許せないですよね。

あなたがこのブログを読んでいるなら「うちの夫、浮気しているかも」と疑いを持ち始めたのではないでしょうか。

今までずっと夫の行動に対して怪しく感じたことはなく、疑いもしなかった。というご相談者さまは多い。

あることがキッカケで疑念がうまれ不安になっても、浮気だと確信できるような事実がないため「いやいや違う、気のせいかな」「勘違いよね」と自分に言いきかせて過ごしている方もいます。

ところが疑念も消えないし、胸騒ぎが続く。

それはもしかしたら浮気している夫の偽装工作のせいかもしれません。

そこで今回は、浮気調査されたご依頼者さまの体験談を交えつつ、夫の偽装工作と見破り方についてお話します。

あなたの夫の行動が偽装工作なのかそうではないのか区別する参考になればと思います。

偽装工作してまで浮気を必死に隠す夫たち

まず、浮気をしている夫は、偽装工作をしてまで隠したいなら浮気はいけないことだと夫は知っているはずです。

そこまで浮気をしたいのかと思うと悲しくなりますね。

しかし、浮気を楽しいと感じて「バレなきゃ大丈夫だ」「みんなやっていることだ」と思い込む夫さえいるのです。

そんな夫は、「次のデートはどこにいこうかな♪」と浮ついた気持ちでいたり、浮気をどうやって隠すか、続けるには?などと悩んでみたり、とにかく浮気のことで頭がいっぱい。

浮気をしていたらショック、ましてやずっと隠し続けるなんて許せないですよね。

一刻も早く偽装工作を暴いて、浮かれた夫の目を覚ましてあげるべきです!

浮気調査を行い、浮気を隠す為に偽装工作していた夫たちがどんなことをしていたか?判ったことは次のようなことです。

浮気夫の偽装工作には、巧妙な手法とルールがあった

夫の浮気調査で偽装工作が行われていた案件で、夫の偽装工作が巧妙な手法があることと、「善き夫ルール」を守っていたことが判りました。

こうした偽装工作であれば、妻は夫を信じて疑うことなく浮気に気づかずに何年も経ってしまうこともあるのです。

夫は最初から偽装工作をこなしていたわけではありません。

浮気していることを疑われないように、夫は普段とかわらない生活スタイルで過ごしています。

ところが時間の経過とともにその気持ちに変化が出てきます。悲しいですが夫たちは「浮気が楽しいことだ」と思っているよう。

日々、妻の反応を窺い「浮気がバレてない!大丈夫だ」「妻を騙せている」と確信すると、夫は「善き夫ルール」を守りつつ、さらに巧妙な手法の偽装工作を考えだし、実行にうつしてしまうのです。

巧妙な手法に、良き夫ルールが加わわるので、それが浮気発覚までに時間がかかる要因となっているようです。

 

● 浮気夫たちの偽装工作~<巧妙な手法>

妻を騙すためにこまめにこんなことをしている夫の姿は想像したくありませんね。

「まさかこんなことまでしているとは」と思えるようなことばかりですが、夫が実際に行っていたことです。

・仕事のシフト表を改ざん
(出勤時間や休みをごまかすことで自由な時間を作っている)
・給料明細を改ざん
(実際もらう給料より少なめの金額にした給料明細を妻に渡し、浮いたお金を使い込んでいる)
・会社の電話番号から妻に連絡
(「携帯電話の電池がなくなった」と電源をきり、会社で仕事をしているふりする)
・着替える服を別の場所に用意
(会社にいく服装で自宅をでて帰宅するが、別の場所で着替えている)

 

● 浮気夫たちの偽装工作~<善き夫ルール> 

良き夫を演じていれば、自分の浮気がバレないと思っている夫は必死なのです。

怪しい、おかしいと疑われるような言動をさけているのが解りますね。

・妻からのメール、LINEはすぐに返答、電話も欠かさない
・給料明細や会社からの通達、案内等の書類は妻にみせている
・だいたい決まった時間に帰宅する
・残業ならきちんと連絡を入れる、帰宅する予定時間を妻に伝える
・休みの日は自宅で過ごすようにしている
・帰宅してからの外出は控えている

偽装工作をしてまで浮気する夫の性格 

偽装工作を行う夫の性格は、浮気がすぐにバレてしまう夫とは違いがあるのが特徴です。

偽装工作の手法をみても「そこまでして・・・」と時間も手間もかかるような内容で、ハッキリいって面倒くさいことばかりだと感じませんか?

なのにそれができちゃう男性。器用?かといえばそうではなく不器用な性格だからこそ用意周到にしたいのです。

ちなみに浮気がすぐにバレる夫は、口がうまくいい訳の天才だと自ら確信しているので、いきあたりばったりで行動してしまいます。

ですので失敗も多く、浮気しているとわかりやすいのが特徴です。

では、偽装工作をする夫の性格はどんなタイプなのかをみていきましょう。

● 偽装工作をする夫は不器用な性格

夫は自分の弱点を知っているからこそ用意周到であり、不審点がないように綿密な計画を立ています。

"一見まじめな性格な人にもみえるけれど実は不器用"という男性の方が偽装工作をしているように思えます。

・いい訳が苦手でしどろもどろになりやすい
・ウソをつくのがへたくそで顔にでやすい
・積極的ではないが人付き合いはよいほう
・不器用であり失敗を恐れている慎重派
・頼まれたことを断れない

浮気夫の偽装工作を見抜くには

偽装工作も最初は完璧であっても、長期間にわたると必ず落ち度が出てきます。

落ち度は小さいことかも知れませんがそこを見逃さないように気をつけることが大切。

特に注意しておきたいのは、夫のささいな行動や言葉の端々です。

普段の生活、子供のこと、仕事をしている妻であれば仕事のこともあり、夫の言動だけに集中するのは難しく感じるかもしれません。

「そんなこといわれても・・・」と考えてしまいますよね。

けれど夫たちは、浮気をした理由を「夫婦のコミュニケーション不足がきっかけだった」なんていってくることもありますし、なんといっても浮気が長期間続くのは許せないことですね。

なので、今より少しだけ夫の会話を増やして、さりげなく様子を窺ってみるだけでも夫の変化や落ち度に気づきやすくなってきますよ。

それでは過去の2つ体験談を元に、奥さんが旦那さんの偽装工作をどうやって見抜けたのかをお話します。

「浮気が楽しくなって自由に遊びたい。でも妻との離婚は考えていないA夫さん」

「浮気相手の女性をスキになってしまった。離婚はできなし...と悩むB夫さん」

浮気が楽しくなって自由に遊びたい。でも妻との離婚は考えていないA夫さんのケース

メモ A夫さんのケース

A夫さんは年齢は30代半ば、性格は温和でまじめ、少しだけ気になるのは人に流されやすいところ。

家族との会話もあるし旅行も楽しむ、「善き夫ルール」を守るタイプの旦那さん。

A夫さんが2年以上浮気がバレないように偽装工作を続けていた。奥さんはまったく気づかなかったとのこと。

しかしある日、奥さんがA夫さんの体型と表情から異変に気づきました。

夕食を残すようになったのに太っていくA夫さんをみて不思議に感じた。

奥さんが冗談ぽく「太ってきたしね~」と言うと一瞬A夫が硬直してハッ!とする顔を見逃さなかったのです。

その日から「怪しい」と悟った奥さんは、今まで信用していたものを改めて見直てみようと決めました。

夫観察を続け、本当に仕事の日ならスーツにシワがついてるし、ワイシャツは汗臭い、いつもは顔もテカッているのに、夕食を残す水曜日か火曜日にはそれがないことが分った。そして家に通帳がないことにも気づきました。

そこで、気づいたことには触れないようにして「浮気調査をしてみよう」となったようです。

● A夫さんの浮気調査

 

「いってきまーす」と家をでたA夫さん、まず地下鉄に乗って会社へむかう。

会社が所在するビルに進入したので出社?と思われた30分後、A夫さんは会社を出て大型スーパーへ向かった。

そしてスーパーの地下駐車場に停まっていた車の助手席にA夫さんが乗り込んだ。運転手は女性・・・。

2人の行き先は迷わず「ラブホテル」でした。

dataFile.gifdataFile.gif

A夫さんと女性がラブホテルから出てきたのは、なんと7時間後。

それから2人は、飲食店で一緒に食事を共にする様子が窺えた。

1時間ほどで食事を済ませ、2人は大型スーパー地下駐車場へ向かう。

A夫さんは車から降りて駅方向へ、女性は車でその場を離れていき別行動となりました。

A夫さんは、奥さんに「仕事が終わってこれから帰るよ」コールをする。(「何か買っていくものとかある」なんて聞いていたらしい)

家から送り出した旦那さんが会社ではなくラブホテルに行っていた。しかも・・・・朝10時から夕方5時まで汗

その後、浮気相手が、A夫さんと同じ勤務先で働いていた女性であり、その女性が彼氏と同棲していることが判明しました。

昼間の時間でラブホテルを利用していたのも納得ですね。

チェックチェックボックス A夫さんの偽装工作

・シフト表は毎月改ざんしていて出勤になっている日が実は休み

・帰宅時間を考え、日中にラブホテルを利用していたこと

・給料明細も改ざんしていて残業手当の5万円を自分のものにしていたこと

・会社にいく服装でいつもと変わらない通勤時間で家をでる

・浮気相手の女性が車を持っているけれど、家まで送り迎えしてもらわない必ず地下鉄を利用していること

・浮気相手の女性と食事をしても、必ず家で夕食を摂っていたこと

浮気相手の女性がスキになってしまった。離婚はできないし・・・と悩むB夫さんのケース

メモ さんのケース

B夫さんは年齢は40代後半、性格はやさしく、争ういごとを嫌う、時々、もの事を適当に考えるところがあったという。

町内会の行事は積極的に参加する、それ以外は外出も少なく家でくつろぐタイプの旦那さんです。

B夫さんは「人事異動の内示がでたけど、ひとりでいくよ」と奥さんに伝えてきた。異動先は札幌から車で6時間かかる「K市」。子供たちの学校関係のこともあったため、奥さんはそうしてくれると助かるとさえ思っていた。

B夫さんは単身赴任となとなり1年ほど経ったが、休日には自宅に帰ってくるので浮気なんて思いもしなかったとのこと。

しかし、B夫の適当になってしまう性格が裏目にでて浮気疑惑浮上。

ご近所の方が自宅マンション近くのコンビニで、本を立ち読みしているB夫さんをみかけて挨拶をかわしたという。

「今週の休みは仕事がいそがしくて帰れないかな...」と云っていたK市にいるはずのB夫さんが札幌にいたのです。

最初、B夫さんは慎重な行動をとり気をつけていたようですが、「時々適当に考える」性格だったため「これくらいは大丈夫だろう」と思ったのでしょう。

話によると見かけた時間は夜10時頃、野球帽をかぶり黒ずくめの服装で最初B夫だと気づかなかったとのことです。

この話から奥さんは、ひと気が少ない時間を選んでいること、普段かぶることのない帽子や黒ずくめの服装が変装と思えたこと、そして自宅マンション近くにいたのに帰宅しなかったことで不信感が募りました。

もしかして浮気していて、女が札幌にいるのかも?と思うようになり「探偵に頼んでまずは調べてもらおう」となったようです。

● B夫さんの浮気調査

 

B夫さんが札幌から「K市」に戻る日、自宅マンションにて調査開始。

自宅マンションから出てきたB夫さん、マンションから離れたコンビニに立ち寄る。

10分後、そこへ女性が運転する軽自動車が現れ、B夫が乗り込んだのです。車はB夫さんの自宅マンション方向へ走り出した。

自宅マンションから少し離れた街灯がない暗い路地でB夫さんだけが車から降りた。野球帽をかぶり全身黒ずくめの服装で...。

B夫さんは下を向いて早歩きで移動した後、オートロックのマンションへすばやく入っていったのです。

その数分後、軽自動車を運転していた女性が現れ、時間を見計らったかのように同じマンション内へ入っていくことを確認しました。

驚いたのは、B夫さんと女性が入ったマンションがB夫さんの自宅マンションから3棟先の近い場所だったこと。

自宅マンションからは近いが角度的に見えないとはいえ・・・

dataFile.gif

その後、女性はB夫さんと同じ町内会で、奥さんもよく知る人物だったこと、「K市」の転勤もウソでB夫さんは札幌の会社に通勤していて札幌に住んでいることが判明しました。

チェックチェックボックス B夫さんの偽装工作

・会社から渡されたという「人事異動の内示」は偽造していたこと

・人目を避けるためか、出勤時は朝6時くらいにマンションを出る、帰宅時も毎回時間を変えてマンションに入る。

・浮気相手の女性と一緒にマンションに出入りしないようにしていたこと

・食材を買いにスーパーに行くのは女性のみで、外食もせず2人そろって出かけないようにしていたこと

・休日自宅に帰る際、駅まで奥さんに迎えを頼んでいた、帰りは「タクシーで駅までいけるから大丈夫だよ」と云い奥さんを気遣うフリをみせていたこと

・帰省時には手土産を持参していたこと

偽装工作には落ち度があること。早めの対処を!

A夫さん、B夫さんの妻の体験談からも解るように、偽装工作で夫の浮気が長引くと家庭の財産にまで影響が出てしまいます。

ショックなうえに財産まで浮気に使われるなんてありえません。早めの対処が肝心です!

ウソで固められてた偽装工作は巧妙で「そこまでやるんだ...」と想像以上のことでしたね。

けれど、やはりウソは完璧ではないので落ち度がありボロがでてきます。そこがチェックポイント!

しかし、落ち度に早めに気づくには"夫婦のコミュニケーション"が大切なのですが、家事育児で忙しく過ごしている妻は夫とのコミュニケーションが減っているという方が多いです。

実際、浮気調査をご依頼になった奥さまに調査を行う前に、チェックしていただく項目で"旦那さんの服装"があります。

この時点で「私、夫が朝どんなスーツで何色のネクタイ、何色の靴下なのか見ていなかったかも。主人への関心が向いていなかったことに気づきました。」といっていました。

自分で夫を知っていた、みているつもりだった、けれどもしかしたら少し関心が薄くなっているかもしれませんね。

偽装工作をする夫は不器用タイプの男性です。なので落ち度をチェックする際はさりげなく会話を多めにしてみると良いですよ。

dataFile.gif  他にもこんな記事があります
【札幌中央興信所・浮気調査専門サイトブログ】

『夫の浮気調査での出来事』
『浮気の証拠は早めが肝心!ラブラブ不倫カップルだって喧嘩する』 

札幌中央興信所のオフィシャルサイトブログを読んでいただきありがとうございます。

弊社は、札幌弁護士協同組合特約店に加盟している探偵事務所です。
個人のお客様をはじめ、弁護士業務をサポートする特約店として北海道・札幌市・近郊の浮気調査ほか各種調査をお受けしております。
このブログは、ご相談者様、ご依頼者様の「不安」や「お悩み」が「少しでも解消できたら」という願いから
札幌中央興信所のスタッフが書き続けているものです。
内容は、浮気調査の事例、出来事、ご依頼者様の経験やお気持ち、そして私たちが調査を通して感じた事などです。

調査の内容や記事はご依頼者様からのご提供でありご了承を得ております。「秘密厳守」を徹底しておりますのでご安心ください。

---------------------------------------------------------------------------

証拠写真は自分を守るための『お守』いざという時の『武器』にもなります!!
言い訳でごまかされる前に…
お悩みをご一緒に解決していきませんか??

北海道の浮気調査なら探偵事務所『札幌中央興信所』

女性相談ダイヤル 0120-700-829【浮気調査のご相談】

夫の浮気相手は、結構身近にいる女性の可能性大!

夫の浮気に気づいたけれど「相手はだれ?」「どんな女?」と悶々と悩んでいませんか。

なんとなく「身近なあの人かな」と予想する方もいるでしょう。

でも身近すぎるあの人だと・・・それはいくらなんでも危険なのでは。と思えば除外している女性もいますよね。

あなたが最初に怪しいく感じているその女性こそ浮気相手かもしれませんよ。

今回は、身近で起こってしまう夫の浮気についてお話します。

浮気相手は身近なあの人

夫の浮気相手が身近な女性だったというケースがすごく多いです。

夫の浮気調査後、女性の写真をみて「あっ!やっぱり」とすぐに解る奥さまと、写真だけでは解らなかったけれど女性の名前を聞いてハッとする奥さまがいます。

女の勘はさすが!鋭い。調査を依頼する前からなんとなく予測がついていたのでしょう。

浮気相手は、夫の会社で一緒に働いている女性だったり、取引会社にいる女性であったり、さらには夫が趣味で参加している野球の女性マネージャーだったこともありました。

ホント...身近すぎ。

顔を合わせる機会が多く、同じ空間で過ごしているうちに仲良くなるパターン。

仲良くなるだけならまだしも、それ以上の親密な関係になるのは許せないですね。

身近過ぎて... 気にならないの?

社だと周りの目もあり噂になりやすい環境。なのに身近な女性と浮気している男性が多いです。

実は夫たち、身近な女性との深い仲になること、気にしていたみたいですよ...最初だけ。

最初は気にしていた夫がなぜ身近な人を選んでしまうのか?

その背景には「夫の性格と環境」「女性の言動」が関係してました。

「夫の性格と環境」

家では「たいくつだ」「ひまだ~」と常に刺激を求めている
(家庭での行事は楽しいとは思わず刺激も感じてない)
矢印
刺激=ドキドキしたい
矢印
ドキドキ・・・女性と会話すると楽しい
矢印
仕事がらみ、さすがに身近な女性だとマズイよな
矢印
街でナンパ?飲み屋で口説く?時間とお金がかかるから「門限・お小遣い」を考えたら無理、その前に結婚してるから独身時代とはちがうよな
矢印
でもドキドキしたい
矢印
身近な女性が褒めてくれたり、優しくしてくれたりする、これって気分いいね~ドキドキするし俺のこと理解してくれてる気がするあわよくば・・・

「女性の言動」

○○さんって優しいし良い人だよね
矢印
もしかして私に気があるんじゃない?
矢印
悩みがあるって言っといて相談がてら食事に誘ってみよっと
矢印
いつも家庭であまされているみたいなグチこぼしてるし、゚隙だらけだよね・・・しかも私にアピールしてるんじゃない?
矢印
「○○さん可愛そう」
「○○さんとなら私浮気できちゃうかも」
「でもダメだよね○○さん結婚してるし」
「職場でそんなこと・・・でも私は口が堅いからバレない自信はありますよ~」
矢印
夢中になられたら気分がいいし、なんだか楽しい♪みんなに秘密なのってドキドキしちゃう

「夫の性格と環境」からあわよくば、「女性の言動」から楽しいし気分がいい。

こうした双方の自分勝手な考えが起きているから身近な人を選んでしまうのです。

理解し合えていると思っているなら迷惑な話ですね。

夫の浮気相手が誰なのか?知りたい

夫の浮気が始まっているなら相手の女性が誰なのか知りたいと思うのは当然ですね。

浮気が始まる前の兆候で相手が誰なのかが判ることがあります。それは夫との会話

夫の機嫌がよくなる話に登場する女性は浮気相手になっている割合が高いです。

夫が楽しそうに会話しているとき、

名前を云っているときと云っていないときがあるかもしれませんが、話の中によく登場している人はいませんか?

まだ夫の浮気が始まっていない方はこれからの会話、すでに夫の浮気が始まっている方であれば夫との会話を思い出してください。

夫のこんな会話に注目!

夫との会話の中で楽しそうに話す時、とくに自慢っぽかったり、ニヤついていたりしているなら怪しいです。

こんな話し方をしているときは夫は浮かれています。話し方、内容に注目して下さい。


・「今日、髪型を褒められちゃったよ。べつに普通だよな」

・「要領悪い人がいて 仕事手伝ってやったら優しいですねっだって」

・「俺のことカッコイイとかいってきたやついたわ」

・「今日着ていたスーツ良いですね!似合ってますよ!だって。やっぱ俺ってセンスあるし、着こなしてるからじゃね?」

・「上司に責められてる子いてかばってやったら 泣きながらお礼いわれた。最近の子は弱いよな。」

・「仕事してるときと、スポーツしているときの姿が違うとそのギャップに女はキュンとするんだって?」

上記のような話は、夫が「俺だってもてるんだからな」という気持ちも入った自慢のよう。

そして好意を持ってくれている女性がいるとさりげなく自分で云っていますよね。

YUSEI_yoyakuhaashita_TP_V.jpgのサムネイル画像

そう、このときがポイントです!

浮気相手を探るには「夫の気分を良くさせ話を弾ませる」

自慢げに感じて同調しづらいからって「へぇ~へぇ~そーなんだ」で話を聴き流してはいけません。

もし聞き流してしまったなら時間を置いてから「そういえば・・・」でもう一度聞き出すチャンスを狙ってください。

まずは、夫を褒める

「あなたが凄いってわかる人には伝わるんだね~」

「すごいじゃん!!あなたじゃなきゃできないよね」

次に、夫が伝えてきた相手のイメージを掘り下げる

「弱い子なんだね可愛そうに・・・どんな人なの?」

「きっとその人もいい人なんじゃない、○○さん?(知ってる名前をあげてみる)」

最期に、試しに何人か女性の名前をあげてみる

「あれ?まえに話してた○○さんはなんて云ってたんだっけ」

「お祝いくれたの○○さん、それとも○○さんだっけ?ほかに・・・」

妻に褒められた夫は、「いやいや○○さんは、そんな部分もあるから自立しないとさ~」「お祝いをくれたのは○○さんで、○○さんは別になにも・・・」なんて名前がポロっと出てきたりします。

しかも特定の女性だけやたらと情報が多いので気づきやすく、まったく知らない人よりは調べやすくなります。

それともうひとつ、夫の同僚や上司とも親しくできる機会があるなら親交を深めておくと良いでしょう。

なぜなら、夫の浮気が社内で身近な女性であれば夫以外から情報がもらえる可能性もあるからです。

■ ま と め ■

1.夫だけが盛り上がって浮気が始まったわけのではない、身近な女性がリードして誘惑している可能性がある。
2.夫の話はよく聴くこと、登場する女性の名前を記憶しておくこと(聴きだせる範囲で詳細もわかればそれも含める)
3.聞き流してばかりでは夫がいじけて話さなくなるので気分よくさせる
4.何かあったときのために夫の交友関係を知っておく、できれば親交を深めておくこと

   
dataFile.gif  他にもこんな記事があります
【札幌中央興信所・浮気調査専門サイトブログ】

『夫の浮気調査での出来事』
『浮気の証拠は早めが肝心!ラブラブ不倫カップルだって喧嘩する』 

丸青丸・ 札幌中央興信所のオフィシャルサイトブログを読んでいただきありがとうございます。・○丸
弊社は、札幌弁護士協同組合特約店に加盟している探偵事務所です。
個人のお客様をはじめ、弁護士業務をサポートする特約店として北海道・札幌市・近郊の浮気調査ほか各種調査をお受けしております。
このブログは、ご相談者様、ご依頼者様の「不安」や「お悩み」が「少しでも解消できたら」という願いから
札幌中央興信所のスタッフ"あこ"コドモ:Gが書き続けているものです。
内容は、浮気調査の事例、出来事、ご依頼者様の経験やお気持ち、そして私たちが調査を通して感じた事などです。

調査の内容や記事はご依頼者様からのご提供でありご了承を得ております。「秘密厳守」を徹底しておりますのでご安心ください。

---------------------------------------------------------------------------

証拠写真は自分を守るための『お守』いざという時の『武器』にもなります!!
言い訳でごまかされる前に…
お悩みをご一緒に解決していきませんか??

北海道の浮気調査なら探偵事務所『札幌中央興信所』

女性相談ダイヤル 0120-700-829【浮気調査のご相談】

PAGETOP

札幌中央事務所

〒060-0052 札幌市中央区南2条東2丁目1
TEL:011-219-5540

札幌中央事務所マップ
札幌北事務所

〒001-0026 札幌市北区北26条西17丁目3
TEL:011-299-5059

札幌北事務所マップ
白石事務所

〒003-0837 札幌市白石区北郷7条8丁目3
TEL:011-872-1010

白石事務所マップ
江別事務所

〒069-0824 江別市東野幌本町34番地
TEL:011-384-0200

江別事務所マップ